食べ過ぎと健康の関係

朝起きたとき、だるくてすっきりせず疲れが取れていないと感じることがあります。歳のせいかと思うかたもいるかもしれませんが、こんな時はもしかしたら食べ過ぎが原因かもしれないので、健康のために生活を改めてみることが必要かもしれません。また、たくさんものを食べるかたには睡眠時無呼吸症候群のかたも多いそうですので過度な食べ過ぎには注意が必要だと思います。

体から疲れが取れない原因の一つに暴飲暴食による不摂生で内臓が疲れていることがあるそうです。このような栄養過多の状態になってしまうと、普段から休みなく働いている胃腸をもっと酷使することになり体の休まる時がありません。さらに、食べ過ぎると体が毒を排出するため発熱するため体がだるくなることもあります。

食べ過ぎが進むと心配なのは病気です。食べ過ぎによる病気といえばまず思い浮かぶのは糖尿病や痛風を思い浮かべるかもしれませんが、意外と身近な病気にも関係しています。風邪やアトピー症などがそれで実際にアトピー患者さんの症状がひどくなる条件はストレスや肌の乾燥もそうですが、食生活の偏りなどが原因になることもあるそうです。風邪は、食べ過ぎが原因で体の代謝が落ちたり疲れが取れない状態が続いているともちろんかかってしまいますから、食べ過ぎは万病のもとだと思い食べ過ぎを慎むことが大切かもしれません。食べ過ぎによる症状には軽度認知症など糖質を取りすぎることによる無気力やイライラなどもありますので健康な生活のためには注意が必要です。

良く耳にするワードを調べよう