よく噛む事で食べ過ぎを防ぎ健康維持する

腹八分目と言う言葉がありますが、私も食べ過ぎは良くないと実感したことが度々あります。特に胃腸が弱い人は注意しないと色々体に影響を及ぼすと思います聞いた事があるのですが、人間は噛む事で脳にある満腹中枢と言うものに刺激が伝えられお腹がいっぱいとなるそうで、食べる事をやめるというのですが、この噛む事が人間を含め動物、生き物にとり重要な事であると思います。よく子供の頃に親によく噛んで食べるように言われた人は多いと思いますが、よく噛まないで食べ続けると、後々身体に負担をかけるはずです。経験上ですが胃腸が弱くなったりして健康に害が出ます。口の中である程度細かく食べ物をして、胃で消化させるので、これが口であまり砕かれず直接胃で消化させるのはかなり負担がかかり胃を壊す事になりますので、普段の食事を意識したいものです。

またよく噛まないと満腹感も鈍り、どんどん食べて食べ過ぎになるケースが多いようで、これも長年になると身体に及ぼすものは大きいと思います。食べられる事は良いのですが、食べ過ぎは個人差によりますが、太る原因そしてメタボリックになると、色々な成人病を引き起こす確率が高まる事は知られているので、健康にも悪いことになります。私達が生活していくうえで食べる事は、欠かせませんが、毎日適量に決まった回数を食べる事が一番であり、運動をする健康維持をしていくには、食べ過ぎを含めた食生活の改善を心掛けたいものです。

良く耳にするワードを調べよう